campo-de-varzea

フットサル その2

前回のブログの続きです。

確かにブラジルと日本ではフットサルの出来る環境がずいぶんと違いますからね。

ブラジルではいたるところにフットサルコートがあります

学校内には必ずあります。おそらく小・中・高・大学に。

それからアパートやマンションの屋上や敷地内には必ず大小ありますがフットサルコートがあります。

なぜか駐車場にもゴールがあったり(笑)

 公園や広場にも必ずあります。

それも日本のように置くタイプのゴールではなく、

はじめから地面に埋め込まれたタイプの物。 動かすに動かせない(笑)

ちょっとした四角いスペースがあればゴールが設置されてます。

多少台形やひし形でもお構いなしで。。。(笑)

中にはコンクリートうちっぱなしみたいなピッチのコートもたくさんよ!!!

ビーチにもゴールが! おっと これはビーチサッカーでしたね(笑)

余談ですが人工芝の上でフットサルするのは日本ぐらいですからね~

小学校の校庭なんかでは日本のドッチボールみたいな感覚で直ぐに始まっちゃうんですよ。

授業前、休み時間、放課後みたいな感じに!

いつでもボール蹴れるように 男の子の通学の靴が”フットサルシューズだ~”見たいな感じですからね。(笑)

 日本でも小学校の体育の授業の中でフットサルが取り入れられるようになればいいんですけどね~

まぁ 体育館ではフットサル禁止となっている学校があるうちは無理でしょね。

フットサルと言うかボールを蹴る、遊ぶ事が普通なんですよ。文化の違いですね。

日本サッカーがブラジルに追いつくにはまだ10年じゃ20年じゃ無理

100年後も無理かな~

おまけ

こんな草サッカーコートもありです。。。

campo-de-varzea

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>